中古車の走行距離が高くても売れる販売店

バナー

中古車の走行距離が高くても売れる販売店

中古車を購入する人に新車ではなくなぜ中古を選ぶのか聞いてみると、その回答をしたほぼ全員で、新車より中古車の方が安く購入できると答えます。

しかし、これには一つの法則があります。


安いと言っても、同じ車両を目的とした場合に限り中古が安いということになり、300万円の予算であれば買える新車はたくさんありますが、高級車限定となると買える車が限られます。

すなわち、見た目が良い車を安く買って乗りたいということになります。予算300万円の場合、新車であれば、2000ccクラスしか買えないにしても、3年落ち4万キロ走行となれば新車価格500万円から550万円の車が購入できることになります。

これは、安く買えているということであるにせよ、耐久性や車の値打ちが低いということになります。消費者が中古車を販売店で安く買えているということは、錯覚で、300万円の車として中古市場に出る際に買取査定に出されたときには、40万円から50万円は安く仕入れているはずです。



そうすると、元の価値は買い取られたときの価値となり、3年落ちで新車価格の半分かそれ以下というのが本来の価値です。

facebook情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

もちろん、走行距離が多く、事故歴があればかなり低い見積もりとなります。
販売店は大きな利益を出さなければ、経費の掛かる経営が行き詰まるため、販売した車から沢山の利益を抜くということは中古車販売店業界の中では当たり前の理屈です。

このことから、回転率の良い、人気高級車両を多く陳列するお店が多いのです。

走行距離が多くても、とくに、若者のあこがれである高級乗用車は、程度が良ければ少々高くても売れてしまうのです。走行距離が耐久性に一番影響を及ぼすため、走行距離は多いけど、程度が良いということに矛盾があるのです。



このことを良く知り、中古車の見極めをすることが良い車の選び方となるでしょう。



Copyright (C) 2014 中古車の走行距離が高くても売れる販売店 All Rights Reserved.